【スポンサードリンク】

« ミス・コリア | メイン | 剣と花 »

2015年03月26日

黄金の帝国 第24話「罪と罰」あらすじ(最終回)

テジュは再び、座り込みデモを強制鎮圧する決断を下す。前回以上の大きな被害が出ることを恐れたピルトゥはソリを呼び戻し、テジュを止めてほしいと頼み込むが…。そんな中、ジョンヒが危篤に陥る。カン専務は、ソンジェを一時出所させられないかとミンジェを頼るも冷たく断られ、ソユンの元を訪れる。そんな中、ミンジェは偽装取引の事実を告発するとソユンを脅迫し、ソンジングループ共同会長の座を手に入れようとするのだが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第22話「負け犬の暴走」あらすじ

ソンジン建設が保有する土地を手に入れるため、テジュはウォンジェの横領、背任の証拠を利用する。土地の売却をソユンに指示されたミンジェは、テジュにある条件を提示し…。そんな中、ソンジングループはエデンの再開発事業地と隣接した10万坪の敷地で再開発を推進すると発表。これはソユンがテジュを陥れるために仕掛けた罠だった。資金難に陥ったエデンは補償金を払えず、再開発地域では立ち退き拒否の座り込みデモが発生するが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第21話「殺人罪の告白」あらすじ

ソンジングループの筆頭株主となり、ソユンに離婚を迫ったテジュ。ウォンジェは父チェ会長が創り上げたソンジングループを守るため、ソユンに会長の座を譲る。孤立したテジュは、臨時株主総会の開催を阻まれ、ソンジンセメントの株の半分を買い占めることを決意。エデンを通して漢江沿いの都心再開発事業に乗り出し、その資金を作ろうとする。そんな中、ミンジェはテジュの大きな弱点に気づき、ソユンとウォンジェに伝えるが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第23話「偽善が最善」あらすじ

工事と分譲に着手できず、追い詰められたテジュは、座り込みデモの鎮圧をピルトゥに指示する。ソリは多数のケガ人が出たことを知らせるが、テジュは立ち退きに合意するまでは治療費を払えないと言い放つ。ソリは、変わってしまったテジュの姿に大きく失望し…。一方、ソユンは銀行に手を回し、ソンジン建設の債権発行を妨害。資金難に陥ったミンジェはジョンヒの元を訪れるが、ジョンヒはミンジェをソンジェと勘違いしてしまい…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2015年03月18日

黄金の帝国 第20話「権力争いは家族だけで」あらすじ

ソンジンセメントの株式17%を保有する大韓銀行を買収し、ソンジングループの筆頭株主となる計画を立てたテジュ。理事長としてソンジン経済研究所に追いやられていたソユンは、すぐにグループに復帰し、テジュとの最後の戦いに挑む。会長の座を追われる日が近いことを察したウォンジェは、戦々恐々とするが…。一方、ミンジェはテジュが会長になる事態を阻止しようとソユンに協力し、大韓銀行買収に向けて各方面に根回しを始める。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第19話「勝つのは私」あらすじ

ソンジェが自ら検察庁に出頭し、大きなショックを受けたジョンヒは進行の速い認知症を発症。主治医から、数カ月以内にすべての記憶を失うだろうと宣告される。一方、ソユンはテジュが密かにソンジンセメントの臨時株主総会を計画していることに気づき、これを阻止する。そんな中、家を出て行くことを決めたジョンヒは、ソンジンセメントの株をウォンジェ夫婦とジョンユン夫婦、テジュに分配し、家族間にさらなる混乱を巻き起こす。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第18話「宣戦布告」あらすじ

ソンジンカードを持株会社に変更すると提案し、ミンジェを陥れようとしていたソユン。だが、ソンジェまでもがこの罠にかかってしまったことを知り、テジュに計画を修正してほしいと頼む。テジュはソユンの申し出を断り、マスコミに株式操作の情報を流してしまう。そんな中、ソリが刑務所を仮出所し、テジュと再会を果たす。ソユンは連絡の取れなくなったテジュに会うためにエデンを訪れ、ソンジェを傷つけたくないと打ち明けるが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第17話「世の中より怖い存在」あらすじ

ミンジェがソンジングループの会長に就任してから数年が経過。ジョンヒはテジュに、ソユンを捨てて自分と手を組まないかと提案する。一方、ミンジェはユジンに離婚を切り出し、9年の結婚生活に終止符を打とうとする。その頃、ニュース番組ではソンジンカードのキャッシングサービスが中断されたことが報道されていた。ミンジェはウォンジェの職務をソンジン宅配の社長に変更し、代わりにテジュをソンジンカードの社長に任命する…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2015年03月11日

黄金の帝国 第16話「罪悪感」あらすじ

密かにドンフィと取引していたテジュは、嫌疑無しの不起訴処分で身柄を解放される。一方、ジョンヒはソンジェの逮捕に激しく動揺し、息子を救う方法を探していた。テジュは、ソンジェの事件がより大きく報道されるように手を回せとソユンに助言。その結果、ジョンヒはミンジェに持株の共同議決権を約束することになる。そんな中、グループ経営権の行方を決めるソンジンセメント株主総会がいよいよ翌日に迫り、家族会議が開かれるが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第15話「すべて奪ってやる」あらすじ

ドンフィがキム議員刺殺事件の担当検事となる。テジュはデパートの譲渡を条件に取引を持ちかけるが、ソユンの思惑が外れ、ドンフィはジョンユンとの離婚に応じると宣言。テジュは株主総会の前までに検察の調査を受け、自分の無実を証明するとソユンに告げる。ミンジェは、証拠を捏造してでもテジュを起訴しろとドンフィに命じるが…。そんな中、ソンジェはソユンを手助けするために、違法と知りながらソンジン学院の資金で株を購入する。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第14話「指輪の重み」あらすじ

テジュの代わりに警察に自首したソリは、フィリピンではなく、ソユンの元に行くようにテジュを促す。ソユンは血のついたテジュの指を見て驚くが、そのまま結婚式を挙げる。一方、上京したドンジンは、ジョンヒとソンジェに家を出て行けと言い放つが…。そんな中、ソユンの夫となったテジュはエデンの経営をチュノに任せ、ソンジンセメントの常務に就任。一方、テジュの犯行を疑うミンジュはキム議員刺殺事件について調査するが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2015年03月05日

黄金の帝国 第13話「女の純愛」あらすじ

10億ドルを手に入れてソンジングループを守るため、ソユンはテジュに自分との結婚を提案。3日後に聖堂で結婚式を挙げようと告げる。一方、ソンジェは、ジョンヒを連れて家を出ていってほしいというソユンの言葉に深く傷つく。そんな中、テジュは10億ドルをフィリピンに投資し、ソリと共に韓国を離れる計画を立てていた。ミンジェは建設交通部長官に内定したキム議員の贈賄の証拠をマスコミにリークし、テジュを追い詰めるが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第12話「裏切り者の正体」あらすじ

家族会議で、ソンジンセメントの株主総会を提案したジョンヒ。ソユンは「ソンジンセメントの借名株式を持った人物がすぐそばにいる」というテジュの言葉を思い出し、大きなショックを受ける。一方、テジュは検察の調査から解放されたソリを食事に誘い、エデンを辞めて自分から離れるように告げる。そんな中、ジョンヒの正体と、チェ会長の危篤を知りながらわざと家族に知らせなかったという事実を知ったソユンは復讐を決意する。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第11話「10億ドルの行方」あらすじ

ジョンヒと手を組むことを決めたミンジェは、共同名義の口座から10億ドルを引き出すため、印鑑と同意書を渡せとテジュに迫る。だが、テジュはこれを拒否。ミンジェは検察庁にエデンの資料を流して押収捜索を指示し、テジュに圧力をかける。ソリが連行されたと聞いたテジュは、ソユンとの調印式の最中に席を立ってしまう。ソンジングループの構造調整案を発表する予定だったソユンは、10億ドルを手に入れられず窮地に立たされるが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第10話「最高の贈り物」あらすじ

ソユンはハンソン製鉄の買収をめぐって、テジュと手を組んだミンジェ、ウォンジェと総力戦を繰り広げる。ジョンヒは違法行為を告発してソユンを刑務所に送り込もうと企んでいた。ソンジェはアメリカの大学に留学することを決め、一緒に韓国を離れようとジョンヒに提案するが…。一方、ソユンはミンジェを呼び出し、ハンソン製鉄を共同買収しようと持ちかける。そんな中、アジア通貨危機が発生し、ソンジングループは迷走し始める。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第09話「27年間の怨恨」あらすじ

ジョンヒは、死の間際に置かれたチェ会長に27年隠し通してきた恨みをぶつける。父危篤の知らせを聞いたソユンは、病院に駆け付けるが…。チェ会長の死後、ソユンは社会葬を執り行おうと家族に提案するが、喪主として存在感を示したいウォンジェやソユンを排除したいジョンヒはこれに反対する。そんな中、ソンジェはソユンの意見を支持し、ジョンヒを驚かせる。一方、ハンソン製鉄を狙うテジュはウォンジェを訪ねて家族葬を薦めるが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第08話「全員裏切り者」あらすじ

1997年。ソユンはソンジングループの副会長に就任。ミンジェはテジュをパートナーとしてソンジン建設の社長を務め、返り咲く機会を狙っていた。そんな中、チェ会長が危篤に陥る。ジョンヒはソユンを呼べというチェ会長の言葉を無視し、家族を病院に寄せ付けないようにする。ソユンは父への贈り物としてハンソン製鉄の買収を急ぐが…。一方、ソリは自分について「妻になるかもしれない人」とテジュが発言したことに嬉しさを覚える。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第07話「奈落に沈ませる」あらすじ

ソユンはミンジェやテジュをはじめ、ソンジン建設の有償増資に参加した人々を打倒するとチェ会長に誓う。一方、ついにジョンヒも自分とソンジェの正体を明かしてソンジングループを乗っ取ろうと覚悟を決めていた。グループ各社の社長団会議でチェ会長の認知症を暴露したミンジェは、ウォンジェを会長に据え、自身は副会長に就任すべく評決を迫る。その頃、再び家族会議を開いたソユンはグループを守るため、最終手段に踏み切るが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第06話「闘いのはじまり」あらすじ

“黄金の帝国”ことソンジングループを目指して手を組んだミンジェとテジュ。ミンジェはエデンへの投資を提案し、テジュはミンジェの仕事を手伝うことを承諾する。一方、ウォンジェはソンジン建設の持株7%をミンジェに譲渡して常務に任命し、再建築事業を任せると独断で決定。チェ会長は急きょ家族会議を開くが…。一方、ソンジンスイートルームの分譲を代行したテジュは、契約金1千億ウォンを私的な投資に流用しようとしていた。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2015年02月19日

黄金の帝国 第05話「黄金の帝国へ」あらすじ

テジュは結婚式場の控え室を訪れ、再建築事業に協力するとミンジェに約束する。息子の前妻ユニが死んだと知ったドンジンはユジンとの結婚に大反対するが、ミンジェは予定通りに式を挙げる。そんな中、チェ会長の認知症が進行していることに気づいたソユンは兄弟間の相続争いを恐れ、母ジョンヒにソンジン建設を持株会社にしたいと話す。一方、テジュとソリは組合長選挙に出馬したピルトゥを当選させようと綿密な計画を練るが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第04話「善人にはなるな」あらすじ

ミンジェはウォンジェを利用し、住宅再建築事業を推進してソンジン建設に復帰しようと目論む。留置場から釈放されたソリは再建築事業から手を引こうと忠告するが、テジュは耳を貸そうとしない。一方、カナダに渡る予定だったソユンはチェ会長の余命が数年と知り、戦略企画本部長兼ソンジン建設の社長に就任。その結果、ミンジェのソンジン開発は倒産の危機に陥る。大韓銀行頭取の娘ユジンは、そんなミンジェに結婚を迫り…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第03話「10億の大金」あらすじ

テジュは2坪の土地を売るため、ソユンの元へ向かう。カン専務から報告を受けたミンジェは、どんな手を使ってもテジュから土地を買い取れと指示する。やがて妹のヒジュが拉致されたことを知ったテジュは、ミンジェに土地を売ることを約束するが…。一方、ソユンは2坪の土地をミンジェが確保したと聞き、彼の部屋を訪問。ミンジェは、自分がチェ会長と共にグループの共同会長に就任することを株主総会の議題にしたいと話す。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

2015年02月13日

黄金の帝国 第02話「復讐のはじまり」あらすじ

獄中で父の死を知ったテジュは絶望感に襲われる。一方、ドンジンは拳銃を持って兄のチェ会長の元を訪れ、次男ヨンジェを刑務所から出すように迫るが、手痛い反撃に遭う。ヨンジェは絶望から死を選び、偶然その最期を目撃したテジュは「遺言を聞いた」と嘘をついてソンジン建設に接近。ミンジェに多額の金を要求する。そんな中、ソリはテジュを裏切ってピルトゥに引き渡す。テジュはピルトゥの事務所で袋叩きに遭うが…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。

黄金の帝国 第01話「父の無念」あらすじ

1990年。法学生のテジュは家庭教師のアルバイトで家計を支えていた。新都市開発でミル麺屋の立ち退きを命じられた父ボンホは、反対デモに参加していたが、テジュは「これからは自分が金を稼ぐ」と店を手放すよう説得を試みる。一方、ソンジングループの次女ソユンは、父のチェ・ドンソン会長が術後生存率35%の脳腫瘍であることを隠そうと奔走。だが、従兄でソンジン建設社長のミンジェが緊急理事会で事実を暴露する…。

以前・以後のあらすじは、黄金の帝国:韓国ドラマあらすじ極から見れます。