【スポンサードリンク】

« 私はチャン・ボリ! | メイン | 薯童謠[ソドンヨ] »

2016年02月07日

朱蒙[チュモン] 第81話あらすじ(最終回)

いよいよ高句麗と遼東郡との戦いが始まり、チュモンは巧みな情報操作でファン太守を油断させ、コヒョン城を攻め落とす。ファン太守は急きょ遼東平原に全軍を前進配置する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第80話あらすじ

ヨンチェリョンとヤンタクはチュモンを襲い権力の奪取を狙うが、ソソノとヨンタバルに阻止される。ソソノは、息子ピリュが担がれて謀反に加担していたと知り衝撃を受ける。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第79話あらすじ

漢の刺客が放った火で高句麗の鉄器工場は全焼し、鍛冶職人たちも全員焼死する。チュモンはユリが鍛冶職人たちの宿舎で寝ていたと知り、ユリも死んだと思い込んで、悲しむ。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2016年02月02日

朱蒙[チュモン] 第73話あらすじ

ヒョント郡を打倒して古来の領土を回復したチュモンたちは、高句麗(コグリョ)建国の準備を整える。その王座をめぐり、タムル軍勢力とチョルボン勢力が対立し始めていた。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第78話あらすじ

ユリのチュモンに対するわだかまりは残ったが、ついに親子の対面を果たす。一方、プドゥクプルはファン太守に、プヨの協力が必要なら武器と穀物の支援をするよう要請する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第77話あらすじ

チュモンたちはチョンム山で刺客に襲われるが、ユリの助勢で命を救われる。チュモンは、刺客を差し向けたのは高句麗とプヨの同盟を阻止しようとする漢であることを見抜く。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第76話あらすじ

テソの即位式に出席するため、高句麗(コグリョ)と漢の使節団がプヨとの同盟の意図をもって宮殿に到着する。対応を決めかねているテソに、プドゥクプルはある助言をする。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第75話あらすじ

闇取引を手伝っていた商団のチャンが逮捕され、累が及ぶことを恐れたユリは母イェソヤを連れて逃亡。イェソヤの生存を知らされたチュモンは、オイたちに命じて捜索させる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第74話あらすじ

15年の月日が流れた。屈強な若者に成長したチュモンの息子ユリは、プゴクチョの国境の村でイェソヤと暮らしていた。そしてそこで商団の闇取引を手伝い、金を稼いでいた。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2016年01月25日

朱蒙[チュモン] 第72話あらすじ

チュモンはヒョント郡を倒して勝利を収め、敗戦に動揺したテソは神殿に乱入し、ユファの位牌を焼いてしまえとマウリョンに命ずる。そこへ現れたクムワはテソを厳しく詰る。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第71話あらすじ

チュモンとタムル軍はヒョント城を占拠し、再び前線へ戻り、敵陣を偵察する。プドゥクプルからヒョント軍の危機を知らされたクムワだが、援軍の派遣はしない決定を下す。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第70話あらすじ

チュモンはイェソヤとユリを生きて返すというヨンポの取引を受け入れ、先にふたりの無事の確認を要求する。その頃イェソヤは監視の隙をつき、ユリを連れて逃げ出していた。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第69話あらすじ

チュモン率いるチョルボン軍はヒョント郡を破る戦の準備を進める。さらに、チュモンは労役場で働かされている流民たちを蜂起させるため、オイとムゴルを密かに潜入させる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第68話あらすじ

チュモンは、プヨ宮殿からの脱出に失敗し、命を落とした母ユファを偲ぶ。オイたちはプヨからケルへ向かう道筋を捜索。イェソヤとユリの亡きがらだけでも見つけようとする。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2016年01月18日

朱蒙[チュモン] 第67話あらすじ

タムル軍とチョルボンは、プヨと漢の連合軍が撤退したことを知り、勝利を喜ぶ。チュモンは今こそプヨに救いの手を出し、飢えに苦しむ民を助けたいと話し、一同を驚かせる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第66話あらすじ

チュモンは神にチョルボンの加護を願って祭儀を行い、倒れてしまう。願いが通じたのか雨はやむが、チュモンは回復しない。一方、クムワはチョルボン国境での戦を開始する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第65話あらすじ

チュモンは無事にケルへ戻る。ソンヤンたちはチュモン不在の間、不安に駆られテソ側に寝返っていた。チュモンはソンヤンに、そのままテソに従うふりを続けるよう指示する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第64話あらすじ

チュモンたちは食糧調達のため、海賊の住む地方を目指す。国境封鎖を突破して、海賊の頭目プウィヨムを捜す。一方、プブンノからチュモン死亡の報告を受けたテソは・・・。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2016年01月11日

朱蒙[チュモン] 第63話あらすじ

プヨと漢が同盟を結び、チョルボンとの交易封鎖令を諸国に発したため、チョルボンは穀物の入手経路を断たれてしまう。チュモンはコサン国から、塩の調達を試みるが・・・。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第62話あらすじ

チュモンは、単身ソンヤンの陣営へと乗り込み、力を合わせて統一チョルボンを建国しようと説得する。その率直さと熱情に打たれたソンヤンは、傘下に入ることを決意する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第61話あらすじ

プヨ宮殿を脱出したユファとイェソヤは、なんとかチョルボンとの国境にたどり着き商団に紛れ込む。しかし、あと一息で国境を越えられるというところで捜索隊に発見される。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第60話あらすじ

チュモンは、負傷したソソノをソンヤン陣営から救い出し、ケルへと帰らせる。そして、漢の援軍に奇襲をかけて、消炭と煙霧炭を使った見事な待ち伏せ攻撃で敵を全滅させる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第59話あらすじ

テソに仕えるプブンノは、チュモンの首を取ろうとタムル軍の野営地に潜入する。しかしそこで、大将であるチュモンのもと固く結ばれた揺るぎない結束力を目の当たりにする。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2016年01月04日

朱蒙[チュモン] 第58話あらすじ

自分が昔折ったタムル弓が元に戻っていて、驚くチュモン。そこへ現れた巫女ピグムソンが「弓は古朝鮮の王の神器だったが、プヨに渡り、真の持ち主を待っていた」と告げる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第57話あらすじ

漢の皇室がプヨにいつ攻撃を仕掛けてもおかしくないため、ヤンジョンはテソに、今のうちに漢側に寝返るよう説得する。だがテソは、王子としての誇りと愛国心で決然と断る。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年12月30日

朱蒙[チュモン] 第56話あらすじ

3年の月日が流れ、ヨンタバルとソソノはひそかに強力な傭兵の大軍を養成し、権力を奪還する計画を練る。プヨでは深刻な食糧不足のため、一揆さえ起きかねない情勢に陥る。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第55話あらすじ

プヨの監獄に捕らわれたチュモンたちは、しばらく様子を見てから、脱出計画を実することを決める。その頃、ヨンチェリョンはケルの本営に戻ったソソノたちを叱責していた。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第54話あらすじ

チュモンは、タムル軍を解散してプヨへ戻るよう、クムワに勧められる。だが、志を曲げることはできないという思いから、この話を断るつもりであることを母ユファに伝える。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第53話あらすじ

砦へきたクムワの家臣フクチから、サチュルトを制圧しに行くこと告げられる。チュモンは、ヤンジョンが漢軍をプヨに送った場合は、タムル軍が漢軍を食い止めると約束する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第52話あらすじ

プヨの空で突然日食が起こる。古い国が消え新たな国が建つ兆しだ、とヨミウルに告げられたチュモンは、タムル軍や流民たちを励まし安心させる。しかしプヨは大混乱に陥る。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年12月22日

朱蒙[チュモン] 第51話あらすじ

ヒョント城の太守ヤンジョンはチャンチョン谷の族長に会い、鉄鉱石の鉱山へ向かう。チュモンたちはヤンジョン一行を奇襲し、チャンチョン谷の部族をタムル軍配下に収める。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第50話あらすじ

サヨンはソソノから託された、プヨ宮殿への秘密通路が記された地図を、チュモンに渡す。チュモンたちは、その通路を使いユファとイェソヤを救出しようと、ある計画を練る。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第49話あらすじ

オイたちは、チュモンを呼び出す人質として捕らわれたユファとイェソヤを救出すべくプヨに向かう。一方、宮殿ではヤンソルランが、ヒョント城の父ヤンジョンへ使者を送る。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第48話あらすじ

流民の護送がテソのわなであることを知ったチュモンは、当初予定していた攻撃を取りやめる。そしてプヨ軍と鉄騎軍があきらめて解散したところを奇襲し、両軍を全滅させる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第47話あらすじ

テソはプヨの精鋭と鉄騎軍を率いてポンゲ山へ向かうが、チュモンの策略にはまり大敗する。だがタムル軍の基盤はもろく、食糧なども不足していた。そこでチュモンは・・・。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年12月15日

朱蒙[チュモン] 第46話あらすじ

新生タムル軍を率いるチュモンは鋼鉄剣で武装し、ハンベク族を奇襲する。そして族長ソルタクの首を討ち取る。残されたハンベクの民たちはポンゲ山のタムル軍の砦へ向かう。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第45話あらすじ

チュモンは流民たちを先導し、長安へ送ると称して出発する。クムワは、護衛兵部隊のナロたちをひきつけて時間稼ぎをしようと、ユファとともにわざと遠方へ湯治に出かける。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第44話あらすじ

チュモンは流民を連れてプヨを脱出する計画を実行に移しつつあった。だがマウリョンが霊視で三足烏を見たことを聞いた王妃は、チュモンへの警戒を解かぬようテソを戒める。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第43話あらすじ

チュモンの婚礼の招待を受けたソソノは、気遣うウテの言葉を退け、自ら出席することを決める。だが、首長たちを招き華やかに行われた式で、新郎新婦を複雑な思いで見守る。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第42話あらすじ

テソはトチとハンダンを斬り殺し、ヨンポをも殺そうとするが、王妃が止めに入ったため投獄するに留める。テソはどうしてもヨンポを許す気持ちになれなかったのだが・・・。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年12月08日

朱蒙[チュモン] 第41話あらすじ

テソは人質として漢の長安へ行くようチュモンに打診する。一方ヨンポは長安送りを免れるがテソへの憎悪は増し、トチが集めた軍団に訓練を積ませ、テソ暗殺の準備を進める。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第40話あらすじ

ピリュの君長、ソンヤンに拉致されたモパルモが、プヨへ引き渡されることになる。その情報をつかんだチュモンたちは、護送途中に奇襲してモパルモを救出する作戦を立てる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第39話あらすじ

チュモンはプヨ宮殿に忍び込み、最愛の母ユファに再会する。ユファは泣いて喜びながらも、テソの陰謀に用心するように諭す。そしてテソの命令で捜索にきたナロを追い返す。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年12月03日

朱蒙[チュモン] 第38話あらすじ

チュモンは生きているというヨミウルの言葉を受けて、オイたちは無事チュモンの奪還に成功する。チュモンはテソがクムワを追いやり国政を担っていることを知らされ、驚く。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第37話あらすじ

摂政となりプヨの実権を掌握したテソは、巧妙な人事改革に着手する。オイたちはフクチとともに一度は宮殿に戻るが、やがて希望のない宮中暮らしに見切りをつけて町に戻る。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第36話あらすじ

チュモンは負傷し、川に流され、ハンベク族の族長イェチョンに救われる。イェチョンの娘、イェソヤの献身的な看病で息を吹き返して、無事プヨに戻れるかと思いきや・・・。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第35話あらすじ

クムワの看病をしていたユファは、自室に軟禁され他人との接触を禁止されてしまう。オイたちはクムワに代わって国政を担うテソの暴挙を見て歯噛みするが、耐えるしかない。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第34話あらすじ

行方知れずのチュモンと意識不明のクムワに代わり国政を担うテソ。宮中の実権を掌握し、王妃やプドゥクプルの助言で権力の地固めを進め、クムワの忠臣たちを粛正していく。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年11月26日

朱蒙[チュモン] 第33話あらすじ

プヨ軍はサヨン発案の、凧を使った作戦で漢軍を慌てさせ、ヤンジョンが率いる漢軍を敗走させる。チュモンはチンボンの太守を仕留めたものの、イムドゥンの太守は逃走する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第32話あらすじ

チュモンはソソノたちを救い、無事にプヨ宮殿へ戻る。テソが、王妃やヨンポたちがソソノの救出に反対した理由を尋ねると、王妃は「ソソノはお前を滅ぼす女だ」と言い放つ。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第31話あらすじ

チュモンが率いる別働隊の情報をテソから受けていたヤンジョンは、補給部隊に迂回を指示する。しかしテソとヤンジョンの動向を見抜いたチュモンは、物資の奪取に成功する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第30話あらすじ

チュモン指揮のもと、テソは先鋒部隊の兵として出征することを条件に、罪を許される。チュモンは弟の自分が兄たちを従えることに抵抗を感じるが、クムワはチュモンを諭す。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第29話あらすじ

サチュルトは派兵を拒否し、チンボンとイムドゥンの攻撃計画は壁に当たる。クムワは、チュモンの進言や流民たちの熱い声を聞き、プヨの中央軍のみで戦うことを宣言する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年11月19日

朱蒙[チュモン] 第28話あらすじ

チュモンは、漢の支配下にあり以前より勢力の衰えたチンボン、イムドゥン両郡を攻めるのは今だ、とクムワに上奏する。ソソノは自分も軍商として戦地へ赴くことを決意する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第27話あらすじ

クムワが家臣一同からの要請を拒み、激怒した王妃はサチュルトを味方につけてテソを皇太子にしようと画策する。ヨンポはチュモンとテソを対立させて共倒れを図ろうとする。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第26話あらすじ

テソが漢から連れてきた鍛冶職人たちは、従来よりはるかに強度のある剣の作成に成功する。クムワはテソの手柄を褒めたたえ、王妃とポルゲはテソを皇太子にしようと考える。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第25話あらすじ

チュモンは奇襲作戦と弓技を駆使して敵軍の進路を断ち、流民の一団を無事ヒョント領外へ逃がすことに成功する。一方、テソは漢から優秀な鍛冶職人を借り受ける約束をする。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第24話あらすじ

自分の実の父がヘモスだと知ったチュモンは、プヨを去る。それを聞いたユファとクムワはショックを受ける。大臣たちはテソを皇太子にするよう、クムワに進言するが・・・。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第23話あらすじ

ヘモスが実の父であることを知らされたチュモンは衝撃を受け、皇太子競合に挑む意欲が急速に冷める。その折、ヨンポからある条件と引き換えに競合を放棄するよういわれる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年11月11日

朱蒙[チュモン] 第22話あらすじ

チュモンは、プヨンが拉致されて憤るオイをなだめ、当面はトチの動向を探るよう、マリたちに命じる。その頃、何者かが送り込んだ刺客が神殿を襲撃し、宮中は大混乱に陥る。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第21話あらすじ

チュモンが炒鋼(チョガン)法の手がかりをつかんだ、というオイの情報を真に受けたテソは、ますます焦る。そんな折、クムワは3人の王子に武芸対決を行うことを宣言する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第20話あらすじ

チュモンは、ヒョント城での任務を見事に果たしてプヨへ戻る。クムワがチュモンを賞賛する様子を見たテソとヨンポは、焦りを募らせて、チュモンの動向に探りを入れ始める。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第19話あらすじ

チュモンはコサン国で塩を確保して戻り、喜んだクムワは慰労の宴を催す。大きな差をつけられたテソとヨンポは憤慨し、王妃はチュモンが皇太子に選ばれるのではと心配する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年11月05日

朱蒙[チュモン] 第18話あらすじ

ソソノはチュモンたちを捕らえたペマンにコサン国の塩の山について話し、見つければ大もうけができると解放交渉を行う。ペマンはその話に乗り、商団を護衛することになる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第17話あらすじ

チュモンは宿に侵入した盗賊を撃退するが、その後得た情報は商団一行を惑わせる。盗賊の頭ペマンはヘンイン国の元将軍で、昔の因縁からソソノのことを今も逆恨みしていた。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第16話あらすじ

チュモンは、母ユファから聞いたコサン国の塩の話をソソノに伝える。大口取引のチャンスと見たソソノは父ヨンタバルを説得し、自ら商団を率いてコサンへ旅することになる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第15話あらすじ

テソが漢との塩の交易再開という大手柄を立てたことで、ソソノたちはチュモンに歯がゆい気持ちを募らせる。だが、チュモンは漢と対等に渡り合うため、その先を読んでいた。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第14話あらすじ

チュモンはヨンタバルの商団に雇われることになった。それは、競い合いをあきらめたからではなく、働きながら力を蓄え、いずれはプヨの皇太子の座を勝ち取るためであった。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年10月28日

朱蒙[チュモン] 第13話あらすじ

ハンダン一味を見事な腕前で撃退したチュモンは、その様子を見ていたクムワから、病床の母を看病しろと諭されて宮殿へ戻る。それを知った王妃たちは心穏やかではなくなる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第12話あらすじ

ヘモスとユファはついに再会を果たす。ユファはクムワに限りない恩を感じながらも、余生をヘモスとともに過ごしたいと願う。クムワは寂しさを覚えるがヘモスの生還を喜ぶ。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第11話あらすじ

ヘモスとともに剣の練習に励むチュモンの様子を見にきたソソノ。偶然、チュモンがヨンポとトチのことを報告しにきたプヨンを抱きしめる場面を目撃し、複雑な気持ちになる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第10話あらすじ

クムワは監獄襲撃事件についてプドゥクプルとヨミウルを問い詰める。そしてヘモスが20年間監獄で生きていたことを知り衝撃を受けるが、ユファに打ち明けられないでいた。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第09話あらすじ

監獄で出会ったヘモスの武道の腕前に驚いたチュモンは、彼を師と仰ごうと決意する。そこへテソとヨンポが襲撃をかけ、監獄の番人や罪人たちを次々と殺害しチュモンに迫る。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年10月21日

朱蒙[チュモン] 第08話あらすじ

ソソノを逃がしたチュモンは、マリたちに捕まって暴行を受けていた。それを見たプヨンは暴行をやめさせるために、チュモンが実はプヨの王子であることをマリたちに明かす。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第07話あらすじ

チュモンを思うクムワは、テソを世継ぎの皇太子に指名する決断を避ける。そのことを苦々しく思う王妃たちは、チュモンの元へ刺客を派遣し、チュモンは危うく殺されかける。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第06話あらすじ

ヨミウルとともに監獄を訪れたプドゥクプルはヘモスを見て驚き、何も語りかけずにその場を去る。一方、チュモンを不審に思ったテソは、稽古をつけてやると言って剣を抜く。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

2015年10月16日

朱蒙[チュモン] 第05話あらすじ

チュモンからテソとヨンポに命を狙われたと聞いたユファは、「今までは目立たぬよう生きてきたが、王位を継ぐ太子にならねばならない」とチュモンに告げ、武芸を習わせる。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第04話あらすじ

祭儀を欠席したことで父王クムワの怒りを買ったチュモンは、兄テソの取りなしで重罰を逃れる。しかしテソはチュモンを長旅に連れ出し、山中で命を落とすよう、企んでいた。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第03話あらすじ

父王へブルの裏切りを知ったクムワはヘモス救出に向かうが、結局ヘモスは逃げ切れず、帰らぬ人となってしまう。彼の死を聞かされたユファは、絶望のうちに男児を出産する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第02話あらすじ

鉄騎軍にヘモスをかくまったことを知られたハベク族は皆殺しにされ、ユファは連行されるが、クムワは彼女を助けプヨ国の宮殿へ連れ帰る。しかし、神女ヨミウルは反対する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。

朱蒙[チュモン] 第01話あらすじ

紀元前1世紀、漢帝国の支配を受けた朝鮮では、多くの流民が朝鮮民族の小国群に保護を求めて逃げ込む状況が続いていた。扶余(プヨ)国の皇太子クムワは、流民を救出する。

以前・以後のあらすじは、朱蒙[チュモン]:韓国ドラマあらすじ-劇-から見れます。